CATEGORY

15. 陸の豊かさも守ろう

陸域生態系の保護、回復、持続可能な利用の推進、持続可能な森林の経営、砂漠化への対処ならびに土地の劣化の阻止・回復及び生物多様性の損失を阻止する

  • 2023年1月27日
  • 2023年1月27日

アップサイクルなコスメで日本の養蚕産業の復活を目指すWITH OR WITHOUT

日常的に使用するコスメを利用して、アップサイクルな生活ができるとしたらそれはその人の生活を自然にSDGsへの取り組みを組み込むことになります。 自分自身の生活を美しく彩ることが自然環境を守り、日本の産業を支えることにつながる商品の開発を行っているWITH OR WITHOUTという企業があります。 WITH OR WITHOUTとは、アップサイクルな製品を製造している化粧品・アパレルブランドです。 […]

  • 2023年1月24日

日本貿易機構JETOROによる一村一品マーケット

一村一品運動は、かつて日本でも日田郡大山町(現在の日田市)が1961年から行っていたNPC運動を原点として始められた運動で、その土地に合った農作物に付加価値を付けて全国に向けて販売する運動です。 この日本で行われたものの中ではハウスミカンや関アジ、関サバなど多くのブランドを生み出しました。 そこでこの一村一品運動を国際機関であるJETROが世界各国で発展させ、途上国などの特産品を世界に展開する試み […]

  • 2022年12月22日
  • 2022年12月22日

木のワークスペースで森の豊かさを守ろう~株式会社TRUSTが展開するキイノクスブランド~

SDGsの15番目の目標に、陸の豊かさを守ろうというものがあります。 人間は、陸に存在する植物や動物から非常に大きな恩恵を享受しながら生活していますが、その豊かさをただ享受するだけでは、陸の自然環境が大きく損なわれてしまいます。 陸の豊かさを守るためには、人間の生活に役立てるための資源となる動植物の量を制限したり、人間の手を加えて陸の自然環境を整え動植物が住みやすい状態にしたりする必要もあります。 […]

  • 2022年12月6日

オーガニックコットンとSDGsの関係とは?企業の取り組みも解説!

「コットン」と聞くと、どのようなイメージをもつでしょうか。 植物由来のため、環境にやさしいイメージをもった方もいるかもしれません。しかし、コットン栽培は、環境や人に悪影響を及ぼしていると懸念されています。 コットンにおける社会問題の解決策として注目されているのが「オーガニックコットン」です。 この記事では、オーガニックコットンとSDGsの関係を解説するとともに、企業事例もご紹介します。ぜひ、最後ま […]

  • 2022年12月2日

オニツカタイガーが発表!サボテン由来のスニーカーとは?SDGsへ貢献する理由も解説!

日本発のスニーカーブランドとして知られる「オニツカタイガー」が、エコなスニーカーを発表しました。それが「MEXICO 66™ CACTFUL™」です。 この商品には、本革ではなくサボテン由来の素材が使われています。世界的に、植物性由来のヴィーガンレザーが環境にやさしいという理由から注目を集めているのです。 今回は、オニツカタイガーが発表した「MEXICO 66! […]

  • 2022年9月18日
  • 2022年9月18日

陸の豊かさも守ろう~日本企業の取り組み

私たち人間の生活は海や川、森などに囲まれた自然、そしてそこで生きる多くの生き物に支えられています。 特に陸の植物は、農業によって生産されるものも含めると人間の食料の約8割を提供してくれています。 森林は二酸化炭素を吸収し酸素を発生させ、また水を循環させ生命を育みます。 このような豊かな陸の恵みを受けとるためには、その豊かさを守っていかなければなりません。 しかし陸の豊かさは年々減少していっており、 […]

  • 2022年7月24日
  • 2022年9月5日

【徹底解説】マクドナルドが取り組SDGsとは?企業の事例も紹介!

最近、子どもが「えだまめ&スイートコーン」をけわしい顔で食べているマクドナルドのCMを見た方も多いのではないでしょうか。 実は、これもマクドナルドが取り組むSDGsの一つ。 とはいうのものの、「どうしてマクドナルドがSDGsに取り組むのか?」「他にどんな事例があるのか?」と疑問に思う方もいるかもしれません。 この記事では、マクドナルドが取り組むSDGsを分かりやすく徹底解説します。私たちができるア […]

  • 2022年7月17日

竹害を無くし陸の豊かさも守ろう

日本人にとって竹林は和のイメージの景色に欠かすことができない存在であり、またその芽の部分であるたけのこは春の味覚として食卓に上ります。 また竹はしなやかに強く空に向かって伸びることから、生命力の象徴する縁起の良い植物であるともされています。 このように良いイメージが多い竹ですが、現在は整備されていない竹林が「放置竹林」となってしまい、竹害といわれる被害を人々に与える存在になってしまうようになりまし […]

  • 2022年6月5日

割り箸がSDGsに貢献する理由とは

割り箸は木材を使用するため、割り箸の生産時に木を伐採し森林を破壊したり、その焼却処分時に大量の地球温暖化ガスを排出したりして環境に悪い影響を与えると考える向きもあります。 そのためSDGsの15番目の目標である「陸の豊かさを守ろう」という目標達成のためにと、割り箸からプラスチックの箸へと切り替える飲食店も増えてきています。 しかし、実際に環境に与える負荷はプラスチックの箸は割り箸よりも大きいと言わ […]

  • 2022年5月21日

木造高層ビルで地球温暖化ガスの排出量を削減できる?

木造建築といえば寺社仏閣などにある五重塔などを除けば、2階または3階建て程度までの低層の戸建て住宅や低層アパートを思い浮かべることがほとんどでしょう。 しかし、現在では木材を使用した建築物はそのような低層建築だけではなく、技術の発展により高層建築も建築できるようになりました。 今まで高層ビルといえば鉄筋コンクリート造が当たり前でしたが、今後は木造の高層ビルが徐々に増えていくことが予想されます。 こ […]