CATEGORY

8. 働きがいも経済成長も

包摂的かつ持続可能な経済成長及びすべての人々の完全かつ生産的な雇用と働きがいのある人間らしい雇用(ディーセント・ワーク)を促進する

  • 2022年9月14日

【解説】ファミリーマートが取り組むSDGsとは?

「あなたと、コンビに、ファミリーマート」というキャッチコピーで有名なファミリーマート。最近、SDGsに貢献した活動に注目が集まっています。 とはいうものの、どんな活動をしているのかと疑問に思う方も多いのではないでしょうか。 この記事では、ファミリーマートのサステナビリティについてたっぷり紹介します。 環境保護だけではなく、貧困や飢餓、教育や多様性における問題解決に取り組んだ事例を知ることができます […]

  • 2022年8月17日
  • 2022年8月17日

不用品を寄付する方法や支援団体を解説!家も心もスッキリしよう

家にある不用品、どうしていますか? 「いらないものがたくさんあって困っている」「どうせなら何かに役立ったらうれしい」と思った方もいるかもしれません。 実は、「不用品を寄付する」という選択肢があるんです。 とはいうものの、「寄付方法は?」「どんなメリットがあるの?」「信頼できる団体は?」と疑問に思う方も多いのではないでしょうか。 この記事では、家も心もスッキリする不用品の寄付について解説します。最後 […]

  • 2022年7月24日
  • 2022年9月5日

【徹底解説】マクドナルドが取り組SDGsとは?企業の事例も紹介!

最近、子どもが「えだまめ&スイートコーン」をけわしい顔で食べているマクドナルドのCMを見た方も多いのではないでしょうか。 実は、これもマクドナルドが取り組むSDGsの一つ。 とはいうのものの、「どうしてマクドナルドがSDGsに取り組むのか?」「他にどんな事例があるのか?」と疑問に思う方もいるかもしれません。 この記事では、マクドナルドが取り組むSDGsを分かりやすく徹底解説します。私たちができるア […]

  • 2022年6月30日

海の豊かさを守ろう・海洋資源をどう守るか

SDGsの14番目の目標「海の豊かさを守ろう」の中には、海洋資源を守ることにより食卓から魚類が消えることを防ぐこと以外にも、小規模な漁業従事者の利益を損なわないようにするという狙いがあります。 ここでは海洋資源の枯渇の理由と、私たちにもできる海洋資源を守るための取り組みについて解説していきます。 問題は過剰漁業 海洋資源の減少の大きな原因のひとつに、過剰漁業があります。 過剰漁業とは、海で繁殖し再 […]

  • 2022年6月21日

昆虫食は危険?昆虫食のメリット・デメリットや企業の取組みを徹底解説!

最近、昆虫食が世界中で注目されています。しかし「昆虫食は危険じゃないの?」と心配になる方も多いのではないでしょうか。 実は、今は養殖栽培が増え、安全性が保証された昆虫食が増えています。さらに、クッキーやせんべいなど食べやすく加工されたものが多く販売されているんです。 この記事では、昆虫食が食糧危機を救う理由を解説するとともに、おすすめの昆虫食の商品やレストラン、オンラインショップを紹介します。 最 […]

  • 2022年5月14日
  • 2022年5月15日

世界フェアトレードデー!フェアトレード商品や問題点を学ぼう!

2022年5月14日は「世界フェアトレードデー」。 実は最近、フェアトレードのチョコレートやコーヒーを買ったり、SNSに投稿したりする人が増えています。 とはいうものの、「フェアトレードとは?」「どんな商品があるの?」などと、フェアトレードを聞いたことはあるものの、よく分からない方も多いのではないでしょうか。 今回は、フェアトレードをくわしく解説するとともに、SDGsとの関係やおすすめ商品まで、た […]

  • 2022年5月6日

スマート農業がSDGsに貢献する?日本の企業事例を紹介!

日本の農業の救世主とも言われる「スマート農業」。 実は、スマート農業はSDGsに貢献すると言われています。 けれども、「どうして スマート農業がSDGsに貢献するのか」「そもそも、スマート農業とは?」「企業の事例が知りたい」と思う方も多いのではないでしょうか。 この記事では、スマート農業についてわかりやすい言葉で解説しています。さらに日本企業の事例もたっぷり紹介します。 最後まで読めば、スマート農 […]

  • 2022年3月2日

世界一男女平等な国・アイスランドに学ぶインクルーシブ社会の作り方

ジェンダーギャップ解消にむけた法改正や制度の見直しが世界中で進む中、日本の男女格差はなかなか改善されません。2021年度の世界ジェンダーギャップ指数によると、日本は156カ国中120位と前年度より1ランク上がったものの、まだまだ課題は山積みです。東アジアと環太平洋地域で比べても、20カ国中18位と最低レベルのジェンダー後進国である旨がうかがえます。(※参考:上位国 1位:ニュージーランド、2位:フ […]

  • 2022年2月8日
  • 2022年2月6日

廃棄コスメがアートに転化。美容業界で注目のアップサイクルとは?

食品ロスやアパレル業界の環境負荷が懸念される中、美容業界のコスメ廃棄も過小評価できない問題です。 アメリカの美容情報サイトallureによると、2018年度に美容製品やパーソナルケア商品向けに製造されたプラスティックは米国内だけでも79億個と膨大な量が廃棄される現実が浮き彫りに。しかし、問題の本質は「パッケージ容器」だけではありません。ここでは美容業界が抱える課題と、取り組み事例を詳しく解説します […]

  • 2021年12月27日
  • 2022年1月13日

捨てないで!ワインのコルクを再生させて地球を守ろう!

レジ袋が有料化になるなど、「待ったなし!」の気候危機対策が求められています。とはいえ、何か行動を起こさなくてはならないと分かっていても、具体的な行動に移せない人も少なくないでしょう。 自分たちができる身近な行動の例として、ワインの蓋に使われるコルク栓を捨てずに再生することが挙げられます。とても簡単なことですが、コルクの再生に協力するだけでも地球を守ることができます。そこで今回は、国連が掲げる持続可 […]